« 仮長男ケンの場合 | トップページ | 預かりボランティア »

2007/01/26

沖縄の食ー1.ニガナ

Niganaいつもおいしい無農薬野菜を我が家に供給してくれる近所の野菜売り場でインゲンと島ラッキョウを買ったら、おばさんが「試してみる?」と手渡してれたのがニガナ(苦菜)。
これまでにホイコーローのキャベツの代わりにしたり、その苦さを生かしてゴーヤの代わりにチャンプルーに使ったことはあったが、「生のままでちぎった豆腐と酢味噌で食べるとおいしいヨー」とのこと。
名古屋で居酒屋をしていたので、練り味噌は常備品。
ニガナは細かくきざんで、島豆腐と早速やってみた。
一口噛むと「苦い」というより「アクだらけ」に近い。しかし噛むうちに豆腐の甘みと酢味噌がからまって味わい深いものに。細かくきざめばきざむほど、苦みは和らぐ。
ニガナはおなかの調子を整える効能もあると言われたりする。
酢味噌は練り味噌に酢と共に卵の黄身を加えるとまろやかになる。(Y)

*ニガナ(ンジャナ)キク科
カリウムやビタミンA、ビタミンCを多く含む。

|

« 仮長男ケンの場合 | トップページ | 預かりボランティア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仮長男ケンの場合 | トップページ | 預かりボランティア »